松の実(松海子)まつのみ

松の実

松の実は、漢方でよく出てくる生薬にもかかわらず、一度も購入したことのない素材です。
とても高価なので、つい隣にあるくるみやかぼちゃの種に落ち着いてしまいます。 
それがたっぷりはいった天然酵母のパンをある日発見してしまいました!
西早稲田駅から徒歩3分ほどのビストロFARCEさん、機会があったら立ち寄ってみてください。

松の実は、効用をみると、潤して乾燥を改善するということが第一にあげられます。
美肌づくり、老化防止、髪にうるおいとツヤを与える・・・など乾燥する今の季節に嬉しいことが
たくさんあります。喉の乾きや空咳にもよいとされています。

くるみなどのナッツ類はどれも潤いを与えたり、穏やかに温めることや、
血流をよくしてくれるなどの効果があるのですが、松の実は昔から中国で、
不老長寿と滋養強壮の妙薬として大切にされてきた一面があるようです。
1日3回食べれば仙人になれる!と言われてきた程です。タイ国の寺院では、
松かさごと屋台で売られていて、気軽にぽりぽりと食べられているのを目撃しました。
ああやってワイルドに食べられたら・・・。

手に入りやすい、地元の素材で食養生できればそれがいちばん。
でも外食をしたり、そとで何かを買うときには、薬膳の視点で見て新たなものを取入れると、
味覚が広がり、身体にもプラスになる選択ができておもしろいと思います。
様々な種類の効果の違う、食べることのできるものを自然界は用意してくれていて、
本当にふしぎだなと思います。薬膳を勉強することで自然界のふしぎにより魅了されています。

基本的にはその土地でとれる新鮮なものをまるごと食べれば健康は維持される、それは確かだと思います。
食の旅をいろいろしても、生まれ育った地域のもので身体もおちつくように・・。
自然界の素材の力をうまく使いこなして助けてもらい、健康を維持していくと、
自分を支えてくれる自然界の大きさに感謝と驚きの気持ちがわいて平和な気持ちになってくるので、
これまた嬉しいことです。
スポンサーサイト
カテゴリ
プロフィール

misomiso*

Author:misomiso*
大学卒業後、持続可能な暮らしを探しにオーストラリアへ。ジルジョーダン女史、パーマカルチャーとの出会いを経て帰国後、自然学校職員となる。4年間をへて一番大切だと思った「いのちの循環・食」。地球も身体も健康になるおいしいものの作り手を目指しています。
漢方養生指導士。

最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
QRコード
QRコード