スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橘皮 きっぴ

IMG_2361.jpg

ミカンの皮です。

先日書いた、蜜柑の皮の干したものは陳皮とよばれますが、
家だとなかなか完全には干しきれなく半乾きに。それでも、
”理気”という気をめぐらす作用があるとして、橘皮と別の名前で
よばれます。

理気というと難しく聞こえますが、要は身体の巡りをよくしてスッキリすること。
なんとなく胸がつかえる、お腹がふくらんでいる、食欲がでない、気分がふさぐ・・・
そんなときは漢方では、気が滞っているとされます。

オレンジ類の力をかりるとすっきりです。皮は天日でほして、保存袋にいれておくだけ。
つかうたびに切っていますが、ほんとうにいい香りで、それだけでアロマセラピー効果
があります。

捨てずに有効活用できるのもうれしいです。
完全に乾かせば日持ちし、古ければ古いほど良いとされています。

写真は、カモミールティーをいれるときに小さじ2ほど加えたもの。
紅茶や料理のときにスパイス感覚でいれてもいいです。
スポンサーサイト
カテゴリ
プロフィール

misomiso*

Author:misomiso*
大学卒業後、持続可能な暮らしを探しにオーストラリアへ。ジルジョーダン女史、パーマカルチャーとの出会いを経て帰国後、自然学校職員となる。4年間をへて一番大切だと思った「いのちの循環・食」。地球も身体も健康になるおいしいものの作り手を目指しています。
漢方養生指導士。

最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。