酒粕チーズクラッカー

sakekasu2.jpg

酒粕をつかったクラッカーをつくりました。
塩味にして焼いて水分を飛ばすと、あら不思議とチーズ風味。
寺田本家、という千葉の神崎にある酒蔵でレシピを教わって以来のお気に入りです。
さくさく、サクサク、とまりません。写真でちょっと色の濃いところがチーズ=酒粕
のところ。

今回は、合わせてちょっと塩味が強めの酒粕チーズスコーンもつくってみましたが、
こちらもなかなかの風味豊かなおやつになりました。

今、うちには3種類の酒粕があります。地元の蔵本のもの、親戚が酒蔵という友人からいただいたもの、
寺田本家の酒粕。どれも個性豊かで、楽しいです。酒粕が集まってくる今日この頃です。


あまり食べ比べなどしたことなかったけれど、それぞれ違うできあがりになります。
ものすごくシンプルで簡単なものこそ、素材のごまかしが効かなく、素直に味がでるな
と思います。だからこうやってどうつくられたかわかるもの、嬉しいです。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://naturalyzm.blog108.fc2.com/tb.php/233-1d832ecb

Comment

こつぶ | URL | 2014.03.01 21:41
食べたーい。
近かったら食べに行くのにー(泣)

せめてレシピ教えて~
あ”〜 | URL | 2014.03.03 17:04
私も食べたーい!
日本酒好きな割りに酒粕が苦手だけど、これは食べてみたい。
食べ比べしてみたい!
シンプルだからごまかし効かないし、素材の主張が聞けて好き。
| URL | 2014.03.03 23:43
ありがとうございまーす!!

ありっちょならつくる素材に事欠かなそう!おしらせしますね(^^)〜!なんて、寺田本家さんに行くともらえるプリントに酒粕レシピがいろいろ。ほんとにありがたいです。

あ”〜さん、私も前は苦手だったんですが、よく焼いてアルコール分を飛ばすとホントにチーズみたいで、新しい美味しさがまってました。もうすぐ芝川の富士錦も蔵開きです♪
Comment Form
公開設定

カテゴリ
プロフィール

misomiso*

Author:misomiso*
大学卒業後、持続可能な暮らしを探しにオーストラリアへ。ジルジョーダン女史、パーマカルチャーとの出会いを経て帰国後、自然学校職員となる。4年間をへて一番大切だと思った「いのちの循環・食」。地球も身体も健康になるおいしいものの作り手を目指しています。
漢方養生指導士。

最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
QRコード
QRコード