かぼちゃのまんまるスコーン

IMG_4245.jpg

ずいぶん久々の日記になってしまいましたが、満月のようなスコーンを焼きました。

今年は、冬至と新月がかさなる19年に一度の日だったということで、
新たなスタートや方向を心に決めた人も多いのではないかと思います。

冬至の日にかぼちゃを炊いて、それをいれたスコーン。
新月から一夜明けて、まだ月は細いままですが、ほんとうはまんまるい月を模したかのように
なりました。

最近、ものぐさがなくなって、ひとつやふたつのおかしも焼くようになりました。
食べたいときに、食べたい物を、つくりたてで。なかなかの贅沢です。
でもじぶんでやればお金はかかりません。
丹誠込めて農薬もつかわず育てられたかぼちゃが夏の終わりからカゴの中で
ずっと保存されていました。炊いて、まぜて。ピースフルな時間です。
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://naturalyzm.blog108.fc2.com/tb.php/243-85d249f1

Comment

Comment Form
公開設定

カテゴリ
プロフィール

misomiso*

Author:misomiso*
大学卒業後、持続可能な暮らしを探しにオーストラリアへ。ジルジョーダン女史、パーマカルチャーとの出会いを経て帰国後、自然学校職員となる。4年間をへて一番大切だと思った「いのちの循環・食」。地球も身体も健康になるおいしいものの作り手を目指しています。
漢方養生指導士。

最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
QRコード
QRコード