スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かぼちゃのまるごとプリン

pumpkin.jpg

ぼっちゃんかぼちゃをもらいました。
その名前も、りょうてのひらにのる大きさも、かたちも好きなかぼちゃです。

有機無農薬のかぼちゃの持ち味をぜんぶ生かしたくて、まるごとプリンにしました。
材料はあくまでもシンプルに。
<材料>
ぼっちゃんかぼちゃひとつ 300gぐらいのものでした。
たまご 2つ
きび砂糖 大さじ2
豆乳 120cc

1 かぼちゃの上部をふた用にきり、中身をくりぬく
2 たまごをわりほぐし、きび砂糖をいれて泡立て器でよくまぜ、
  豆乳を加える
3 1のかぼちゃに2をいれ、かぼちゃのふたをし、
  圧力鍋に水をはって蒸す 圧力を5分かけ、10分ほど放置。
圧力鍋でなくても、オーブンに水をはってやる方法などいろいろありです。

はじめてこれをつくったのは、キャンプでダッチオーブン料理をつくったとき。
あの楽しさ・おいしさにはかないませんが、おうちであまくておいしい南瓜を
こうしていただくのは秋のほっとひといきつく時にぴったりです。

tamago_201310270057386ac.jpg 今回はたまごももらいもの。惚れ惚れする姿かたちしてます。

ナスとキュウリの胡麻酢和え

IMG_3531.jpg

とっても暑い日々がつづいて食欲をなくしてたとき、
茄子をいただきました。
おおきくて無農薬で近くでとれた新鮮な茄子。
生で食べたい、と思うのはきっとこんな茄子だから。

そこで・・・
1.きざんだ茄子ときゅうりに塩(海の精)をして、しばらくおいて
水が出てきたらかるくしぼって水をきる。
2.米酢、おこのみでざらめ糖など甘みをいれても
3.たっぷり白いりごまをのせてできあがり

すこし体が涼まってきたら、ごはんにこれをかけてたべると美味しくて、
じゃこをいれても、合います。
よくよく考えると材料、かんたんお寿司ですね。

うつわは伊豆の木工作家、Kinaさんにならってつくったおわん。
なにをいれてもすてきになってしまう、まほうがかったおわんです。

とうもろこし

とうもろこし

もと所属していた自然学校をたずねると、そこでそだてられた新鮮なとうもろこしを運良く
もちかえることができました。無農薬でつくったとうもろこし、親しい人と親しみのある大地で
そだったとうもろこし。おいしさは格別でした。

写真をとるときは特にあまり計算はしていないのですが、
撮る対象から光が放たれている、そんなふうに思います。
このとうもろこしはなんて美しい実のつき方。そして輝きをはなっているんだろう!

生とうもろこし こちらはゆでる前。水のしずくがきれい。。

おとうふキーマカレー まめいり

mame curry

二日間だけ小さなちいさなマーケットとおうちカフェをひらきました。
遠方は千葉にすむ友人も訪ねてきてくれて、たのしい会になりました。

伊豆に住む木工作家のKinaさんが自宅でつかっているという木の器を貸してくださり、
わたしの定番となりつつあるとうふをつかって野菜の甘みとコク、スパイスでつくるキーマカレーも
すっかりおしゃれにおさまりました。

Kinaさんの、森づくりの過程で得られた木をつかったうつわとスプーンたちは、皮や枝の部分も
そのまま生かされていて、個性豊か。樹種も色々で、おとずれた人がすきなうつわを選ぶのも
とってもたのしいひとときでした。

自然と向き合うひととき。うつわをながめながら、今度はなにをいれよう!と想像をふくらませて
います。次回、だれが来てくれるかな・・・?

豆・まめ・マメ

mame.jpg

スナップエンドウ、いただいたらやっぱり一番は新鮮なところを塩ゆでに。
ほかの豆とあわせて、豆のサラダになりました。

ホールアース自然学校で採れた新鮮なスナップエンドウ。
輝きが違います!

IMG_3465.jpg ひらくとふっくらつぶつぶ並んでいる命の粒!

+ Read More

カテゴリ
プロフィール

misomiso*

Author:misomiso*
大学卒業後、持続可能な暮らしを探しにオーストラリアへ。ジルジョーダン女史、パーマカルチャーとの出会いを経て帰国後、自然学校職員となる。4年間をへて一番大切だと思った「いのちの循環・食」。地球も身体も健康になるおいしいものの作り手を目指しています。
漢方養生指導士。

最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。